#job-change

  1. TOP
  2. 転職
  • 人材育成の方法と考え方 人材育成とは、従業員一人ひとりの能力を高め、組織の目標達成や業績向上に貢献できる人材を育てること 人材育成の方法 OJT - 業務を通じた実践的な教育 Off-JT - 業務を離れた場での体系的な教育 自己啓発の支援 - 従業員の自発的な学習の支援 リスキリング - DXに必要なスキル習得と実践の支援 人材育成を行うときの重要な考え方 目的を明確にする 段階的な育成体系を構築する 成長を適切に評価する 育成を企業文化に組み込む
    • スクール

    人材育成とは?従業員のレベルアップに必要な手法や考え方を解説

    • 転職
  • 「キャリアプランとは」 キャリアアップとは理想のキャリアを実現するまでの計画 キャリアプランの例(20代営業職の場合) STEP 1年目: 新入社員 - 営業の基礎スキルやコミュニケーション力を磨く STEP 3年目: 若手社員 - 担当顧客を増やし自身の売上目標の達成を目指す STEP 5年目: チームリーダー - 営業チームのリーダーとしてメンバーを育成重要顧客の対応を通じ高い課題解決力を磨く STEP 7年目: 部門の中核メンバー - 営業部門の中核メンバーとして社員をまとめる営業戦略の立案にも積極的に参画する STEP 10年目: 部門マネージャー - 営業部門のマネージャーとして統括業務に従事営業活動の効率化や後進の育成にも注力
    • DX経営

    キャリアプランとは?面接時に困らない例文や作成のポイントを紹介

    • 転職
  • 「スキルアップの意味と高めるメリット」というタイトルの図解。スキルアップとは、もとのスキルの向上や新たなスキルの習得を指す言葉で、スキル=ある作業や仕事を行う際に必要とされる技術や能力のことを指します。 従業員がスキルアップするメリットとして、以下の項目が挙げられています。 【企業】 生産性がアップして業績の向上が期待できる 人材確保に重要な離職率低下の対策になる 社会からの評価が高まり持続的な成長につながる 【従業員個人】 生産性向上に必要な仕事の効率がアップする 昇進や職務拡大のチャンスを獲得できる 転職や独立に有利に働く市場価値向上につながる
    • スクール

    スキルアップとは?高めるメリットや方法を企業・従業員別に解説

    • 転職
  • 「キャリアアップとは?」というタイトルの図解。キャリアアップは職務や地位などが現状よりも上がることを意味し、その実現には以下のキャリアプランの立て方が必要とされています。 自分自身の棚卸しをする:自分の価値観や人生観、強み・弱みなどを列挙する。 将来の姿を思い描く:自分の理想を市場価値と合わせてイメージする。 未来までの道筋をつける:経験とスキルを整理し、獲得の計画を立てる。 下部に「キャリアアップに繰り返し挑戦して自分の市場価値を高め続けよう」というメッセージが記載されています。
    • スクール

    キャリアアップとは?意味や成功に必要な考え方、実践手順を解説

    • 転職
  • 「AIでなくなる可能性が高い12の仕事」という見出しがあり、左側のリストには以下の職業が書かれています。 事務員 電車運転士 ホテルのフロントスタッフ 銀行の窓口スタッフ タクシードライバー 配達員 右側のリストには以下の職業が書かれています。 警備員 工場作業員 販売員 ライター 通関士 会計監査人 それぞれの職業には対応するアイコンが描かれています。画面右側にはスマートフォンを見つめる人と、デスクトップコンピュータの前に立つキャラクターのイラストも含まれています。
    • DX経営

    AIでなくなる12の仕事。これから必要とされる職業やスキルも紹介

    • 転職
  • この画像は、副業に役立つ代表的な資格を12個紹介しています。掲載されている副業の代表的な資格12選は以下の通りです: 生成AIパスポート試験 基本情報技術者試験 ファイナンシャルプランナー 日商簿記検定 TOEIC・英検 アロマセラピスト JNAジェルネイル技能検定試験 WEBライティング技能検定、Webライティング能力検定 Webデザイナー検定 行政書士 宅地建物取引士 社会保険労務士 画像では、これらの資格取得を検討することが推奨されていますが、一方で資格取得に時間を割くのか、資格なしでもできる副業から始めるのかは慎重に見極める必要があるとも述べられています。
    • スクール

    副業の代表的な資格12選 稼ぎたい社会人に向けて選ぶコツも紹介

    • 転職
  • この画像は、ITパスポート試験の基本知識について説明しています。具体的には、次の内容が含まれています: ITパスポートは、ITに関する基本知識を評価する国家資格である ITパスポートを取得するメリットとして、自身のキャリアアップにつながることと、ITリテラシーやビジネススキルを高められることが挙げられている ITパスポート試験の合格率は50%程度であり、出題範囲が広いので計画的な勉強が大切である
    • スクール

    ITパスポートとは?メリットや試験の難易度、合格率を高める方法を解説

    • スクール
    • 転職
  • 画像は、社会人が効果的に勉強するためのコツや手法を提案しているインフォグラフィックスタイルの図解です。左から右に、次のような内容が示されています: 1. 「勉強の目的を言語化する」:何のために勉強するのかを明確にする 2. 「勉強するスキルを吟味する」:目的達成のために必要なスキルを見定める 3.「勉強の計画を立てる」:目的達成までの計画を具体的に立てる 4. 「自分に合った方法で勉強する」:自分に適した勉強方法で学びの効率を高める。 画像の下には、「社会人は勉強できる時間は限られているため、モチベーションを維持しながら効率よく学習を進めることが重要」というメッセージがあります。このビジュアルは、時間管理や目標設定の重要性を強調しています。
    • スクール

    勉強したい社会人へ!学習して損しないスキルと挫折を防ぐコツを紹介

    • スクール
    • 転職
    • インタビュー

    日本の人材育成の変遷✕労働移動がもたらす未来――株式会社KIZASHI顧問 柴田 寛文氏インタビュー(前編)

    • 転職
    • インタビュー

    変化の時代に求められる『キャリアコンサルタントの役割』とは――日本リスキリングキャリアコンサルタント協議会理事長 古今堂靖氏インタビュー

    • 転職
  • 「リスキリング」という概念について説明しており、特に企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴い、従業員のスキルを再構築していく過程を示しています。以下のように内容を要約できます: 企業のDX推進に対応: 企業がデジタル化を進める中で、既存の職種や業務内容が変化していきます。 従業員のスキル再構築と能力開発: 従業員は新しい職種や変わる業務内容に適応するために、スキルの再構築(リスキリング)が必要になります。 研修・教育を通じて: 従業員は研修や教育を受け、新しい知識や技能を学びます。 スキル評価の機会提供: 企業は従業員に対して新しいスキルを評価する機会を提供し、その結果をもとに従業員を適切な職種に配置します。 この図は、リスキリングが企業と従業員の両方にとって、技術の進展に伴う市場の変化や仕事の要求に応じてスキルセットを更新することの重要性を強調しています。企業は継続的な学習と従業員の成長を支援することで、デジタル化の波に対応すると同時に、従業員のキャリアパスと雇用の安定を守ることができます。
    • DX経営

    リスキリングとは|注目される理由から企業が推進するメリット、事例まで解説

    • AI
    • エンジニアリング
    • スクール
    • プログラミング
    • 転職
    • AI
    • カルチャー

    リスキリング事例14選!国内外の企業の取り組みまとめ

    • エンジニアリング
    • スクール
    • プログラミング
    • 転職
1 2