#ai

  1. TOP
  2. AI
  • 「リスキリング」という概念について説明しており、特に企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の進展に伴い、従業員のスキルを再構築していく過程を示しています。以下のように内容を要約できます: 企業のDX推進に対応: 企業がデジタル化を進める中で、既存の職種や業務内容が変化していきます。 従業員のスキル再構築と能力開発: 従業員は新しい職種や変わる業務内容に適応するために、スキルの再構築(リスキリング)が必要になります。 研修・教育を通じて: 従業員は研修や教育を受け、新しい知識や技能を学びます。 スキル評価の機会提供: 企業は従業員に対して新しいスキルを評価する機会を提供し、その結果をもとに従業員を適切な職種に配置します。 この図は、リスキリングが企業と従業員の両方にとって、技術の進展に伴う市場の変化や仕事の要求に応じてスキルセットを更新することの重要性を強調しています。企業は継続的な学習と従業員の成長を支援することで、デジタル化の波に対応すると同時に、従業員のキャリアパスと雇用の安定を守ることができます。
    • DX経営

    リスキリングとは|注目される理由から企業が推進するメリット、事例まで解説

    • AI
    • エンジニアリング
    • スクール
    • プログラミング
    • 転職
    • AI

    生成AI時代に必要なスキル12選 習得に役立つ資格も紹介

    • AI
    • AI
    • カルチャー
    • スクール

    リスキリング講座まとめ24選! 4分野のおすすめを厳選して紹介

    • AI
    • エンジニアリング
    • スクール
    • プログラミング
  • この図は「生成AIの学び方 7つのステップ」と題して、生成AIについて学び、理解を深めるためのステップバイステップのプロセスを説明しています。 1.生成AIの基礎知識を学ぶ ・生成AIの仕組み ・従来のAIとの違い 2.生成AIでできることを知る ・メール作成 ・デザイン ・マーケティング 3.生成AIの種類を知る ・テキスト生成AI ・画像生成AI 4.生成AIの使用目的を明確にする ・メルマガ作成 ・広告デザイン作成 5.生成AIを使用してみる ・試行錯誤を繰り返す 6.プロンプトエンジニアリングを学ぶ ・生成AIの使い方の応用を学ぶ 7.生成AIに関連する資格を取得する ・生成AIパスポート ・G検定 ・E資格 この図は、生成AIを活用するためには、その基本から応用まで、段階を追って学習し実践することが大切であると教えています。AIの基本知識を始めに理解し、実際にツールを使用して経験を積むこと、さらに専門的なスキルを身につけるためのプログラムや資格を学ぶことが、このプロセスの重要な部分です。これにより、生成AIの能力を最大限に引き出して、様々な分野で活用することができるでしょう。
    • AI
    • スクール

    生成AIの学び方を完全解説!おすすめの学習ステップとポイント

    • AI
    • AI

    プロンプトエンジニアリングの講座・スクール10選を厳選して紹介!

    • AI
  • この図は、デジタルトランスフォーメーション(DX)に対応するために有用な資格を分野別に示しています。それぞれの分野でチェックされている資格は以下の通りです: 1.AI関連 G検定 E資格 生成AIパスポート 2.プログラミング関連 VBAエキスパート Pythonエンジニア 3.情報処理関連 ITパスポート 4.データ分析関連 統計検定 5.経営関連 中小企業診断士 MBA 6.法律関連 社会保険労務士 司法書士 行政書士
    • DX経営

    【2024年最新版】リスキリングにつながるDX資格|生成AI時代に準拠

    • AI
1 2